マイナンバー制度と添付書類、証券会社への手続きを予想

マイナンバー制度導入に伴い、現在総務省からマイナンバーを各家庭に発送手続きを行っている状態です。
マイナンバー制度は税制と社会保障の一体化を目指す制度で、最初は年金や所得控除、確定申告の分野でマイナンバーが利用されますが、今後は預金等にもマイナンバーが適用され、現在も行われている悪質な所得逃れを摘発していく方向に話が進むことも予想されています。
このマイナンバーですが、株取引や投資信託で利益が発生し、その利益から税金を納めていく証券会社でも利用されます。
証券会社のユーザーには、後日各家庭に郵送されてきたマイナンバーを申請していくことになります。証券会社から添付書類が送付されるので、そこにマイナンバー関連の資料を同封して返送する流れになると予想されます。
店舗のある証券会社では、投資に関する相談をしがてら資料を直接持ち込みをする、という方法も良いかもしれません。

証券会社へのマイナンバーの申請は手続きが遅れると何かと混乱が発生し、特にご自身で確定申告の手続きを行う一般口座の方の場合は手続きが遅れると確定申告にも影響を与えてくることが予想されるので、証券会社から送付される添付書類の手順に従って、早めの手続きを行うことをお勧めします。
添付書類はマイナンバーが判明すれば、マイナンバーカードの発行を待つ必要はなさそうです。

株取引や投資信託での取引の場合は利益を申告せずに発生する罰則を受けるよりも、損益を申請した場合には損失が発生した年には税金の控除を受けることが可能なので、利益は隠さずにきちんと申告しておきましょう。
そのためにも、マイナンバーの手続きはしっかり行っておいて、後々の混乱を避けた方が賢明だと思います。

ページトップへ